職場や地域社会、
国際社会で奉仕を実践

私たちロータリアンが常に覚えておくべき4つの問い

四つのテスト

  • 1.真実かどうか
  • 2.みんなに公平か
  • 3.好意と友情を深めるか
  • 4.みんなのためになるかどうか

2019-2020年度 長門ロータリークラブテーマ

「如実知見」
長門RC会長所信

長門ロータリークラブ会長

会長 倉本 優善

私自身この長門市にご縁があり、たくさんの出会いの中で、自分が行動するために大切にしている用語を長門RCのテーマと致しました。それは「如実知見(にょじつちけん)」です。如実知見とは、ものごとをありのままに事実は事実として真相を正しく見極めるという意味で、自分の都合で物事を判断すると、いろんな場面で本当に大切なことを見失い、失敗する可能性がたかくなります。すべてにおいて大切なことを正しく見極めなければなりません。 この長門市でも人口減少の中、地域社会を良くも悪くも変えていくのは、正しい行動であると考えます。